植村建夫 日々雑感

なぜ日記を書くの?しかも公開で・・・
家族が生きてゆける為、、ちょっと教養を身に付ける為、遊ぶ為等々、一切の生活の糧を稼ぐべく、けっこうばたばたした日を過ごしております。そんな私、中年男(もう中年はとっくにすぎてま〜す)の失敗、楽しみ、反省、等日々の出来事を簡単な日記として記してゆきます。自分の生きた証(あかし)として・・・。子供に対し父親の生き様(ざま)として・・・、そしてあの方に・・・あなた様に・・・。私の日々の全てを知って欲しい。その中で取捨選択、良いと思うことは自分に生かして欲しい・・・。私に興味のある方、私をもっと知りたい方、参考にしたい方など皆様方、ご気楽にどうぞ・・・・・。
公開しなきゃ、分かんないでしょ・・・。

ホームページへ戻る

「人生を迷路のように考えている人がいるが、それはとても「もったいないこと」だと思う。
人生は輝ける大海原を渡る大航海なのだ。
時には嵐にあうかもしれない。ときには凪の中で船足が止まってしまうこともあるかもしれない。
それでも日記をつけていれば、それさえもかけがえのない人生の一こまであったことに気づく日が必ずくる。」


表三郎 著  「日記の魔力」(この習慣が人生を劇的に変える)  より抜粋


あなたには、すばらしい人生がやくそくされているーー。
人は、幸せになるために生まれてきた。
「あなた」と言う存在は、これこそほかのいかなる出来事よりもエキサイティングで、
ドラマチックな“奇跡”である。
あなたは、「意味」と「目的」を持って生まれてきた。
だから、もっと自分の価値を知り、自分を尊く思ってほしい。
一人ひとりがその自覚を持ち、自信と誇りを持って生きるならば、
人生は驚くほど希望に満ちたものになるだろう。


石井希尚 誰とも同じではない「あなた」人生はもっとエキサイティングだ より


建夫一言日記帳 ほぼ日々簡単な日記公開致します。
但し、○秘他言無用にてお願いします。参考程度に・・・。

 平成23年5月よりameblo ブログへ 
 平成23年2月日記へ  平成23年3月日記へ  平成23年4月日記へ
 平成22年11月日記へ  平成22年12月日記へ  平成23年1月日記へ
 平成22年8月日記へ  平成22年9月日記へ  平成22年10月日記へ
 平成22年5月日記へ  平成22年6月日記へ  平成22年7月日記へ
 平成22年2月日記へ  平成22年3月日記へ  平成22年4月日記へ
平成21年11月日記へ 平成21年12月日記へ 平成22年1月日記へ
平成21年8月日記へ 平成21年9月日記へ 平成21年10月日記へ
平成21年5月日記へ 平成21年6月日記へ 平成21年7月日記へ
平成21年2月日記へ 平成21年3月日記へ 平成21年4月日記へ
平成20年11月日記へ 平成20年12月日記へ 平成21年1月日記へ
平成20年8月日記へ 平成20年9月日記へ 平成20年10月日記へ
平成20年5月日記へ 平成20年6月日記へ 平成20年7月日記へ
平成20年2月日記へ 平成20年3月日記へ 平成20年4月日記へ
平成19年11月日記へ 平成19年12月日記へ 平成20年1月日記へ
平成19年8月日記へ 平成19年9月日記へ 平成19年10月日記へ
平成19年5月日記へ 平成19年6月日記へ 平成19年7月日記へ
平成19年2月日記へ 平成19年3月日記へ 平成19年4月日記へ
平成18年11月日記へ 平成18年12月日記へ 平成19年1月日記へ
平成18年8月日記へ 平成18年9月日記へ 平成18年10月日記へ
平成18年5月日記へ 平成18年6月日記へ 平成18年7月日記へ
平成18年2月日記へ 平成18年3月日記へ 平成18年4月日記へ
平成17年11月日記へ 平成17年12月日記へ 平成18年1月日記へ
平成17年8月日記へ 平成17年9月日記へ 平成17年10月日記へ
平成17年5月日記へ 平成17年6月日記へ 平成17年7月日記へ
平成17年2月日記へ 平成17年3月日記へ 平成17年4月日記へ
平成16年11月日記へ 平成16年12月日記へ 平成17年1月日記へ
平成16年8月日記へ 平成16年9月日記へ 平成16年10月日記へ
平成16年5月日記へ 平成16年6月日記へ 平成16年7月日記へ
平成16年2月日記へ 平成16年3月日記へ 平成16年4月日記へ
平成15年11月日記へ 平成15年12月日記へ 平成16年1月日記へ
平成15年8月日記へ 平成15年9月日記へ 平成15年10月日記へ
平成15年7月日記へ 平成15年6月日記へ 平成15年5月日記へ
平成15年4月日記へ 平成15年3月日記へ 平成15年2月日記へ
平成15年1月日記へ 平成14年12月日記へ 平成14年11月日記へ

植村建夫、時々雑感

ホームページへ戻る

中年男植村建夫が、日頃のニュース、街で、テレビで、本で、等々見たことやあちこち
でおこったこと、想ったこと、紳士の観点からを気ままに書いてゆきます。貴女も貴男も
読んでゆくうち教養豊かになるかも、ですよお暇がおありの方もそうでない方も、
時々覗いて下さいませ。時々耳寄りな情報がありますよ。
あそこにお金落ちてました、あそこに美人の未亡人が住んでます等、
そんなことありっこないか?しかし、・・・・

目次

ブラジルは強かった 月末で〜す
あまりにもかわいそう 神柱公園
ユーザー協会総会参加に思う 総合文化ホール企画運営委員会に参加
都城自家用電気協議会総会開催 都城工業高校同窓会参加
夏が去り秋来る 坂口先生宮崎県文化賞受賞
植村建夫講師拝命 久しぶりで〜す決意新たに
次男剛志君とゴルフする 嘉津子さんと紅葉の小旅
子供とその子供 囲われの身
建夫君文化人と共に 発射はいつですか〜
日向の国は海と山 級友訪ね日南へ
鶴は千年私は何年? ○○が好き同志
花の命は短くて・・。 わが故郷は花、花、・・
神様〜学問を下さい ボスよろしくお願いしま〜す
老いも若きも湯の町へ 盆地祭りの裏で
2003年8月13日お盆入りに想う 北米大陸大停電に思う
文章を書くということ 長男智一君:今迷うこと・・・?。
2003年12月30日剛志君と忘年ゴルフ 2004年・・こうありたい・・・
2004年2月17.18.19沖縄へ 2004年夏東南アジア訪問
2004年秋九州北部横断旅行 2005年3月中国・北京訪問
2005年3月中国・大連訪問 ヤー久しぶり
題目 雑  感  記  事
盆地祭り
の裏で
2003/8/9
目次へ戻る
都城人が楽しみしている盆地祭り。台風10号が直前に来て九州電力さん、九電工さん等電気関連の方の参加がなく残念だった。聞くところによると台風10号被害に備え前夜徹夜で事故対策準備態勢にあった為、参加体制が取れなかったとの事。電気料金値下げ等に伴う、コストダウン、人員削減の中で電力無停電供給という命題、社会基盤を支える企業の方々の大変さ、責任感の一端を垣間見ることが出来た。なお昨年まで出ていたNTTさん今年は参加したくても参加出来ない。都城支店も無くなり、人員大幅削減後皆宮崎へ集約、花形巨大企業でさえ明日はどうなるのか・・・。時代の流れは大きく変わりつつある・・・。
ラジルは強かった
2002/6/27
目次へ戻る
昨夜のワールドカップサッカー準決勝戦ブラジル対トルコ白熱したいい試合でした。トルコが勝ってもおかしくなかったが、やっぱブラジルは歴史の重さを感じた。日本が負けたトルコが勝てば、日本の強さも見直されると想ったけど、無理でした。強烈なシュートでなく、ソフトなシュートでなんだ入ったよって感じでした。30日決勝戦でドイツと対戦頑張って下さい。
月末で〜す
2002/6/29

目次へ戻る
自営業をしていると毎月月末が来ると、ホッとしたりため息が出たりします。お客様に請求書の発送をしたり、支払いをしたり、先月の売り上げに伴う銀行口座の入金を確認したりと結構忙しい、不思議なもので、毎月だいたい売り上げ収入は、決まっているものの、残高が予定より増えてないかと期待したり、残高が考えているより減ったりしてないか、などと不安になったり気分により変化する。食ってゆければいいさと納得したかと思うと働いても働いても、ちっとも残高が増えはしないなと、ガッカリしたりと気分の揺れるときです。皆様はどうですか? お茶でも飲んで、・・・
あまりにもかわいそう2002/7/2
目次へ戻る
愛知県武豊町18歳のバレリーナを目指して頑張っていた、美人の娘さんが日頃より交際を求められていた男に、ストーカーされあげくに刃物で刺され死亡されたという。何という災難であろう。前途有望な若い方が、この様な事になるなんて今の世の中、自由自由も良いけれど、刃物で人を傷つける、ましてや殺人なんて・・・何を使い、どうすればどうなる、判りすぎたこと・論理的に物事を考えられない。カーッとなると何でもしてしまう等社会が進むと、考えられない出来事が、一出来事として流れ去る全てが社会の渦の中、自分がしっかりしたところで防ぎきれない世の無常・・・ご両親、始めご親族の方ご愁傷様です。ご冥福をお祈り致します。武豊町は昭和46年中部電力武豊火力発電所1号機の定期点検に参加したことがあり、懐かしい地名で記憶に残ったニュースでした。
神柱公園
2002/7/4

目次へ戻る
今日は、坂口絵画教室で神柱公園へ行きました。台風5号が台湾西沖縄南の東シナ海を通過中で、時々雨模様の天気でしたが、絵画教室決行で、池の太鼓橋を中心に改装新たな神柱公園を描きました。この場所は遙か50年弱の昔大王小学校、小松原中学校の頃よく写生に連れて来られたところであります。また、小松原中学校、都城工業高校の頃は、よく遊びに来たところであります。40数年ぶりにまた生徒として、この場で絵を習うしかも先生は、当時小松原中学校の美術講師であり、かつ担任の先生でもあった、坂口伊佐夫先生です。歴史は繰り返す?懐かしさで坂口伊佐夫先生と当時の思い出を語り合いました。昨年喜寿を迎えられた先生ともうすぐ58歳なろうとする生徒の私、月日は流れても何時までも生徒と先生でいたいですね。絵を習い始めてもうすぐ2年、初級が中級に進級する日が来るのでしょうか、先生頑張って教えてネ?
ユーザー協会参加に思う
2002/7/9

目次へ戻る
17時より都城ロイヤルホテルにて行われた(財)日本電信電話ユーザー協会の定期総会に参加した。総会式次第により、市倉議長リードの元、事務局原案通りにて総会終了しその後懇親会へと移った。
ユーザー協会は、電信電話の普及促進のための、郵政省(現総務省)の外郭団体であるが、内実は、日本電信電話(株){NTT}が活動のサポーターとして電話応対、企業マナー教育、情報通信に関し各情報を協会会員に提供されてきた。少しの会費、よくここまでして下さる。と日頃より感謝しているところですが、今回は、NTTの営業担当の方もたくさん参加されびっくりしました。構造改革に揺れ動く大企業NTT、零細個人企業の私、おそれおおくもアルコールの入った勢いもあって部長さん、局長さん、所長さん始め営業の最先端の方々といろんな話が出来た。NTTさん真剣である。今までにない迫力を、感じ取れた。構造改革のうたい文句も良いけど、情報の時代を担う基幹重要産業を低料金化競争、サービスネットの弱体化?実績なしの新規企業の次々の参加等、なし崩しで進んで良いのだろうか、安いことは良いことだが、地震、台風、テロ等々危機管理の方策は十分なんだろうか?
NTTさん、ユーザー協会の皆様有難う御座いました。頑張って下さい。
総合文化ホール企画運営委員会に参加2002/7/15
目次へ戻る
都城市が南九州の芸能文化振興の中核施設として,先進的な機能を備えた施設として建設される総合文化ホール、の基本計画を考える「総合文化ホール建設企画運営委員会」の運営委員に都城市より委嘱されました。恐れ多いことであります、この経緯は別の機会にお話ししたいと思います。立派な施設を作り文化的な芸術を堪能する環境を作る事は、大賛成です。しかしその建設のため、身分不相応な大きい借金を増やすのはやめて欲しい、建設後の維持管理に、出来るだけ市民の財政負担を少なくする、等あまり文化的には、縁のない私が、この施設の設備管理など専門分野で、意見を述べ、子や孫へ引き継ぐ財産を、出来るだけ負担なく建設出来、また建設後出来るだけ経費のかからないよう維持管理される為等々、頭を振り絞って取り組んでゆきたいと思います。皆様応援御願い致します。詳細はこちらを参照下さいませ
自家用電気協議会
総会開催

2002/7/17

目次へ戻る
都城自家用電気協議会第40回総会が開催された。都城地区の選任電気主任技術者、不選任電気主任技術者、自家用事業場代表者の方、電気工事業の方々が参加された。高度経済成長期の始まりである昭和37年に発足されたという.まさに都城地区の電気設備に関する各分野の草分け的存在であります。 今後も都城地区の自家用電気事業者の方々の電気設備を工事・維持・運用・管理とあらゆる分野で、お互い支えあい設備の安全、効率化、九州電力、経済産業局との各種交渉の窓口として、その存在意義はまことに大きく、厳しい経済情勢の中、会長始め、事務局の方々のご苦労様の感謝とともに、会員の皆様の意義ある討議で、次の役員と、活動計画が承認されました。総会後の懇親会には、総会出席に総合防災訓練の為遅れた九州電力の、営業、配電、運用、制御の各課長様も参加され、大変活発な交流が催された。九州電力さんも、深夜電気温水器、オール住宅電化の普及に並々ならぬ営業努力をされていました。今後益々の発展と会員の拡大に向け、有意義かつ盛大に終了されました。関係者の皆様お疲れ様でした。会長挨拶 討議中
都城工業高校
同窓会参加
2002/7/26

目次へ戻る
都城工業高校平成14年度同窓会が、2002年7月26日都城グリーンホテルにて18時30分より盛大に開催された。総会の議事や予算が承認され、滞りなく総会が終了。その後懇親会が開催された。同窓会会長で、県議の中村幸一さんが開会挨拶をされ、来賓の方々の、祝辞が続く中、三橋美智也の愛弟子で、農業土木科30年卒の江口是清さん(芸名三橋美智清)の歌の中、会場一杯に作られた、科ごとに割り振られた各テーブルや、各テーブルをはしごする同窓生が、おいしい料理を頂きながら懇談し、酔う程に打ち解けて懇談が深まっていた。私としても、40年ぶりに再会した体操の米村先生、英語の玉利先生となつかしい顔が見えた。この両先生まだ現役で、私立学校の運営に当たられていらっしゃった。皆さん元気なことで、ビックリしました。
私の出た電気科の参加者は20名弱で、少なかった。38年卒で、九州電力都城営業所所長の西忠義さん、41年卒で九電工都城営業所長大峰道夫さん、私たちの担任であった栗山寛先生達は、来賓席に座っておられた。
2時間30分程で最高潮に達したかと思われる頃、残念ながらそろそろお開きということで、来年度の運営幹事科である電気科の、私植村建夫に白羽の矢が当たり、恒例に従い電気科を代表して簡単な挨拶の後、来年の同窓会を準備万端用意、運営して行くことを皆様に約束し万歳三唱の音頭取りをし、盛大な内に終了した。
日本全国に、散々し活躍されていらっしゃる同窓の方々、健康に留意され、益々のご活躍を願わずにはおれません。散会の後、それぞれのグループに分かれ、牟田町や、駅前繁華街のネオン街えと繰り出していた。私たち電気科グループも、その後2次会3次会へと、久々に繰り出し楽しい日を過ごしました。が、私も翌日は二日酔いで1日グロッキーでした。年はとってもこの癖は抜けません馬鹿と利口は紙一重であります。
同窓会写真
夏が終わり、
秋来る
2002/10/2

目次へ戻る
今年の夏は、例年にまして暑かったような気がします。それというのも、新聞記事で、今年はエルニーニョ現象でそう暑くないという記事を見て、そのつもりでおりました。当てがはずれよけい暑さを意識したものであります。マスコミが発達し、情報があふれ、その記事を当てにする人、しない人、私は結構判断し、取捨選択する方ですが、この記事だけは、マジで信用致しました。というのは結構夏が苦手で、自分のこうあって欲しいという希望する情報には信用してしまうという、今まで何回も失敗した私の弱点、イヤ汚点のせいであります。皆様はいかがですか?
収穫の秋、勉強の秋、行楽の秋、来るべき寒い冬に備えて体調を整えましょう。

   
坂口先生
文化賞受賞
おめでとう御座います
2002/10/24

目次へ戻る
坂口伊佐夫先生、小松原中学校2年生の時のホームルーム担当であり絵画の教員あった先生。その後、44年の歳月が流れ、今又、私の初級絵画教室の先生でもあります。2002年秋宮崎県文化賞を受賞なされた。私にしてみれば遅きに失したと思われるが、とにかく嬉しいことであります。2年半前、街でばったりお会いした。ご挨拶かたがた、絵を習いたいが誰か紹介してと御願いしたところ、恐れ多くも私が教えるが、と気さくに言って下さいました。昔担任だった頃と体型も語り方も変わりなく、44年がタイムスリップした想いです。なかなか旨くならない私を、励まして下さいます。旨いがねとお世辞も言って下さいます。有り難いことであります。何時までもお元気で頑張って下さいませ。  詳細記事ご案内
植村建夫
講師拝命

2002/11/21

目次へ戻る
国家資格である第1種電気工事士は免許取得後、5年ごとに再講習を受けることが義務付けられております。この講習の、講師を独立行政法人製品評価技術基盤機構(経済産業省外郭団体)より拝命することとなりました。恐れ多いことでありますが、(社)九州電気管理技術者協会の推薦であり、協会会員としての義務かな役目かなと考えます。奈須支部長に恥だけはかかんごと頑張りますとは申し上げたが、心配であります。参考までに講師謝礼の時間単価16,000円(10%源泉税含む)は魅力であります(○秘)。稼ぎの悪い私に、愛の手が救い出されたのでありましょう。11月20日無事講師用の講習会も終え、年明けてデビュー致します。年3〜4回、2時間の講師であります。私のそう輝いてない歴史に丁と出るか半と出るか、乞うご期待であります。
久しぶり
決意新たに
2003/4/14

目次へ戻る
日々雑感というタイトルを掲げながらこの欄の記述を昨年11月21日以降しておりません。簡単日記を書き出しもう私の中の行動から何から恥ずかしながら全てさらけ出しております。が頭の中がネタ切れということもあるけど日記と雑感とはやはり切り離し両立してゆこうと考えるに到りました。元々私は出来た人間でないし私の種々多々に到る失敗に対し教訓を汲んで戴きたいと、世界に対し私の存在そのものを含めて文明の利器を利用し発表さして戴いている。冷静に考えてみると恐れ多く冷や汗ものですが今は主張の時代話せば判る変じて、読めば判ると違う面からさらに私を赤裸々にさらけてゆきます。ご意見、叱責等々遠慮無くメールにて戴きたく御願い致します。
北米大陸
大停電に思う

2003/8/17

目次へ戻る
2003年8月14日カナダ、五大湖、ニューヨークなど北米一帯で数年前に起こったような大停電事故が再度起こった。3日経ちその原因がボツボツと発表されている。送電システムに問題があったということである。米の専門家チームが昨年6月広域波及大停電を警告していたという。ブッシュ大統領が事故後すぐ声明で送電設備を抜本整備する、と発表したことがこの事を物語り国としてこの事を把握し、危機感は持っていたのだろう・・・。世界の憲兵として世界中の動きに目を光らせる、世界は自分が自分の思うとおり動き、そう守らねばと考えてるのか、超大国アメリカ。国の基盤、根幹である電力。事情はどうあれ灯台下暗し、国内においてもテロに怯えるアメリカ、もう少し国内にも目を向ける・・・。わが国をちゃんと守り、余力でもって世界平和に尽くす・・・。ところで最近日本の小泉首相もよく外国へ行かれる。国内のことはちゃんと舵取りされてるのだろうか・・・?。
文章を書く
ということ

2003/9/28

目次へ戻る
最近、カメラが良くなり余り腕に関係なく写真は綺麗に撮れる。では文章についてはどうかと考えると・・・。良い文章を書いて後世に残すとか、自分の考えを世間に訴えるとかそういう恐れたことは考えない。が、気の効いた文章で人の心をキューんとさせたい。うん、彼の考えはよく判るというような簡潔明瞭。できればちょっとユーモアも入れた文章を書きたい。と、「いい文章の書き方・・コツさえ分かれば、誰でもうまくなる」という題の千本健一郎さんの本を買って読んだ。が、なんと言うことない。内容は小説など人の文章を並べこのように書けばいいという羅列だけだった。後記として「多くのいい文章に触れ、書く訓練をすれば、文章力は確実に身についてゆくのだ」。とは書いてあるが・・・。やはり安本のコメントなんか期待せず、こつこつと書き、いい文章を多数読む。これに尽きると今日を契機に考え直そうと決心するのであります・・・。
私の長男
智一君、
惑う・・。

2003/10/7

目次へ戻る
私の自慢の長男、智一君も、もう33歳となる。家を作り、嫁を取り、子を作り・・・、自分の城を着々と構築しつつある・・・。が、最近新たなステップに向かうのか、悩める日々が続いているみたいだ?。ソニーIC工場(国分)に勤めている。言い方は悪いが企業、社会の歯車の一つとして、ただ黙々と生産ラインで働く。12時間交代のシフト勤務で大変なものである。今までよく耐えてるな、と思うことが何回もあった。根は暢気な方である。可愛い子供、嫁を残して夜勤に出掛ける時など結構後髪引かれるであろう事は想像できる・・。悩み、苦しみ、決めたことに対し・・。手を打つ・・・。智一君何回目の脱皮になるのだろう・・・。何があろうとファミリーでサポートする。その前に本人が自問自答で結論を出す・・・。人間は考え、行動する。素晴らしい生き物である・・・。幸あれ・・・。
2004年
こうありたい
2004/1/18
目次へ戻る
2004年が明けて18日経つ。今年も昨年同様家族一同元気で新しい年を迎えれて嬉しい限りである。私のホームページにあるように残りの人生計りようもないが、ただひたすらその時が来るまで、生きてゆく・・・。1944年中国の大連で生まれ、混乱の中引き揚げ、混乱を生き抜いてきた・・・・何を今更じたばたすることがあろう。既に父、母とも他界し生きる指針、頼るものは我、我が家族、ファミリー以外にない・・・。社会と協調し、お客様に奉仕し、仲間と励ましあい生きる・・・。今年は60才、大きな節目を迎える。もう〜〜、なんで〜、計算違いじゃな〜い・・・。じたばたしようが叫びまくろうが、我が子供の成長、孫の誕生、顔の皺、頭の白さ・・・。どれをとっても歴史を物語っている。今まで元気で生きて来れたことで充分さ・・・。これからの人生おまけ、儲けもんと考え品行方正にただ生きてゆこう・・・。今年の目標、元気に新しい2005年の正月を迎える事、このことに尽きる。他は何もいらない・・・。
ヤー久しぶり
2005/10/1
目次へ戻る
建夫日々雑感・・コーナーを設けて早や数年弱早いな〜。いろいろ雑感することはいっぱいあるのだが文章にすることがホンと難しい・・。別に良いかっこして表現豊かに・・作家みたいにきれいな文章を書く、何てことは考えないが・・。段々年取り訴えておきたい事、先になって思い起こした方が良いこと、自分にとって・・等々をぼちぼち又書いてゆきたい・・。そうしないとせっかく老体にむち打ち、ホームページを維持管理する意味がないもんな〜・・。何とか気楽にがんばろ〜。10月より週一回その週の出来事、感じたこと、ニューストピック・・等々簡潔に書いてゆこう・・。そうすることによって感性を磨いてゆこう・・。ゆくゆくはレポーターか、作家か?随筆家か・・目指すぞー。

時々雑感目次へ戻る        ホームページへ戻る