2003年4月18日
三股町しゃくなげの森

国分の長男智一君家族が一ヶ月ぶり都城に里帰りしてきた。この前はまだまだ寒い時期であった。騎崇君が風邪でも引いたらとじっと家にいたが今日は暖かい、初夏ではと思うほどで早速三股町のしゃくなげの森へ出かけた。大柄で可憐な花の数々「花の命は短くて苦しきことのみ大かりき」私の人世とだぶるところが多であります・・・。

日々雑感へ戻る  写真目次へ戻る  ホームページへ戻る

日々雑感へ戻る  写真目次へ戻る  ホームページへ戻る