2005年11月4日

小村寿太郎
ポーツマス講和条約締結100周年記念
生誕150年
特別展

宮崎県の輩出した偉大な外交官小村寿太郎。
日ロ戦争に決着を付けたポーツマス講話条約締結。
締結100周年に当たるという節目の年。
その足跡は如何なものか?先人の教えから何かをくみ取ろう・・。
仕事の合間
、日南飫肥の小村記念館を訪ねた。

ホームページへ戻る





1869年15才で長崎出島オランダ村に留学。
1875年米国ハーバード大ロースクル留学。
外交官として遜色のない勉学を終了。




小村寿太郎実物大像と遺品


近代国家の夜明け・ポーツマス講和条約締結・日英同盟の締結と後世に三大偉業を残す。
1904年2月10日宣戦布告1905年9月5日講話条約締結と戦死者4万6千人余り。
戦傷者16万人。を出した日露戦争。
小国日本が大国ロシアを破り世界中を驚かせた日露戦争。これで終われば良かった
のにその後も戦争への道をひたすら進めた・・・日本。結果は・・悲惨・・。
もう2度と戦争を永久に起こしてはいけない・・。(建夫主張)