綾  城

足利尊氏からの恩賞としてこの地を治める事になった細川一門が築いたといわれる。現在の綾城は、戦国時代初期の日本の山城として、日本城郭協会の時代考証に基づき再現したもの。綾のケヤキなどを使い、綾の職人が昔ながらの手法で作った木造3階建て。内部は歴史資料館で、古文書や綾の名刀工・田中国廣の資料を展示している。

写真目次へ戻る   日記へ戻る  綾訪問目次へ戻る ホームページへ戻る

綾城入口門
これもケヤキの木だろうか
計らなかったがゆうに50cm角
はありそうな柱だった。

昔なつかし水を汲み上げるつるべ
生きる糧水は重要なものであります。
私は水無しでは半日しか持ちません。
朝日を背に逆光に生える
綾城の勇姿、天守閣より
もしや弓でも飛んで来るのでは
おそるおそる進みます。
下の侍姿の三人衆
会議の様子が
したためられております。
遙か500年さかのぼる
お侍さんの勇姿、緊急会議中
落ち行く人、おとしいれる人
諭す人、現代に通じるものが
あります。

 写真目次へ戻る  日記へ戻る   綾訪問目次へ戻る ホームページへ戻る