バンコク・アユタヤの旅

2004年7月25日・26日


シンガポールチアンギ国際空港よりキャセイパシフイック航空CX-712便
にて北上。2時間弱の飛行で、14時55分予定通り
バンコクドン・ムアン国際空港に到着。
バンコク市内はガラス張りの高層ビル群が林立し経済発展途上の
活気、一歩バンコクをはずれると延々と広がる昔ながらの農村の風景
何の違和感もなく一体化している。
発展途上・・・。限りない活力を感じる
・・。

目次へ戻る  ホームページへ戻る

アユタヤ・遺跡の宝庫・・ 古代の人々が今にもようこそ〜と声を掛けてきそうな気が〜
建夫さんいらっしゃい待ってたわ〜 海鮮鍋料理:材料の数々 いい男が隣思わず〜うれし〜
高橋さん得意ののどを披露 皆で踊りです・・ここは〜 バスに乗り込むNTT観光団
苔むした仏塔が時代の栄華を忍ばせる NTT女性軍団ア地盤が沈・?
きらめく寺院・朽ちた仏像の数々遺跡の数々がかって栄華を極めたアユタヤ王朝を忍ば
せる。美しい水都アユタヤ、今も古代が息づき悠々と歴史を重ねる。
ワット・プラ・スイ・サンペット 山田長政・日本人村 なるほど・・・??
バンパイン宮殿:歴代国王の夏の別荘という。スケールが違う、私も一夏お願い・・・。
タイの古典舞踊:長い爪・しなやかな腰の振り・しなやかな細い足:良いですネ〜
かの有名なタイ:ニューハーフによる女性より綺麗で可憐なショータイム
ボイ〜ンと豊かな胸・もっこりなしのしなやかな下半身(股間)・綺麗な顔
ほんと男なの〜。
27名のお供の方々、寝食を共にしたこの思いでは決して忘れません・・。又きっと・・・。

バンコク・アユタヤの旅

2004年7月25日・26日

目次へ戻る  ホームページへ戻る