2003年5月24日
高崎山自然動物園訪問

私の干支であり遠い祖先が一緒であるというお猿さん。はるか昔中学生時の修学旅行、その後の新婚旅行以来何年ぶりの訪問だろう。なんとなく猿は私のイメージ、であると思い込んでいる私。前回訪問より何代目の子孫にあたるか判らない、熱い抱擁でもと考える位の私だがどのお猿さんも愛想が悪く知らん顔である。まさかメスばかりじゃあるまい。オイオイ都城からはるばる建夫さんが来たというのに〜〜。そうかここは世界中から観光客の来る国際都市なんだ。人を見る目は君たちのほうが上なんだ。それにしてももう少し・・・。

 日々雑感へ戻る  建夫諸々目次へ戻る ホームページへ戻る  日記へ戻る

入り口に立つお猿さんの銅像、私も〜 国際観光都市は看板も国際的です。
建夫さん歴史でも勉強してね おーいこっち見てよ〜、イ〜ヤ〜だね
夫婦か恋人か、ちと場所が〜 あちこちでスキンシップ。意外とスケ・・・
食事の時間で〜す 餌よ〜おーいどっちいった〜厳しい・・。
父ちゃん僕もその内ボスになるよ。ウー負けた〜 ボスは特別待遇。人間社会と一緒だ〜

日々雑感へ戻る  建夫諸々目次へ戻る  ホームページへ戻る  日記へ戻る