2003年1月4日
鹿児島県出水市鶴観察センター

毎年10月中旬に北方から渡来した鶴は翌年の3月下旬まで、出水市の荒崎一体で冬を過ごす。ここで出会い、つがいとなった鶴の夫婦は一生行動を共にし離れないという。良いことなのかどうかは別にして私としては尊敬に値する。鶴さんの爪のあかでも戴こうと新年早々雨雪のちらつく中鹿児島県出水市まで出かけた。ツルと接触することは禁じられていました。遠くから見るだけです。

日々雑感へ戻る  日記へ戻る  写真目次へ戻る ホームページへ戻る

出水市ツル観察センター前では
観察者用に記念撮影場所と
ツルの現在数が表示されて
いました。あんなに沢山どう
して数えれるんでしょう
センター内ではツルについて
説明がなされていました
展望所より山方向畑に点在する
ツル(あまり判らないですね)
遙か日本海を望む水畑の中
ツルの生息地。
アップで取るとツルが
いっぱいです。それぞれに
家庭があり、いろいろ
あるんでしょうね?

展望所では、黒ずくめの婦人がおられました。
東京からでしょうか?ちょっと違います。

日々雑感へ戻る  日記へ戻る  写真目次へ戻る ホームページへ戻る