紅葉の旅  2002年11月23日

10時自宅を出発、嘉津子さん愛用のホンダライフで一路えびの高原へ久しぶりのドライブであります。紅葉を見にどっか行きたいね。謎はかけられていたのですが、あまり乗り気がしない私でした。しかし忍び寄る冬を前にやっぱどっか秋の景色を見ごたい。と急に私が提案しおしどりドライブとなりました。たまに仲良くすることは、必要だということを最近認識し始めた私です。大分大人になりました。もう年よいじゃがはよ悟れ、天の声が聞こえます。

日々雑感へ戻る   日記へ戻る   ホームページへ戻る

スッコン谷渓谷をバックに準備万端(防寒)
の嘉津子さん、鞄だけは大事に持ってます。
吉之元町で見た霧島山雄大で綺麗だったこと
小さい頃見た霧島山と少しも変わりません
なのに私はどうしてこんなに・・・・。
霧島硫黄谷焼工房に寄りました。
興味のある陶器はなかったので
写真だけ撮りました。
えびの高原レストセンターレストランで
注文の山菜セイロ蒸し定食が来るあいだ
寸暇を惜しんで、絵画する嘉津子さん
山菜セイロ蒸し定食(¥980)
セイロ蒸し−銀杏、椎茸、ワラビ、菜の花
ゼンマイ、穴子などが入っていました。

わかめのスープ、山川漬、小鉢のタケノコ
おいしかったで〜す。量が少なかったで〜す。
美しいえびの高原。福岡より
大型バスで駆けつけ、
絵画を描かれる熱心な
熟年の方々の団体さん
鹿が、愛想をふるまきえさをねだっておりました。
生きるすべは、皆知ってますね。
えびのエコミュージアムセンター
映像案内コーナー一人熱心に、
勉強されてました。
お〜れはかーわらーの枯れすーすーき
えびの高原より白鳥え降りて行く国道30号線
何か郷愁を覚えました。
そーのうちわたしも枯れススキ・・・
秋は何となくセンチメンタルになります。
遙か京町温泉郷を望む
温泉でも入って、ネーちゃんと一杯・・・
昔は良かったな〜
何が良かったのでしょう?
内緒で〜す。

14時過ぎ御池に到着、韓国岳に雲が
立ちこめてきました。
かもの親子ずれ、一部毛色が違うけど
何でしょう、大人と子供、それとも他の
渡り鳥?何も知らない私です。
でも鳥料理は好きなんですがね。
途中10〜15分で描き上げた嘉津子さんの絵
レストハウスよりのえびの高原 県道30号京町へ下る途中 御池にて

日々雑感へ戻る   日記へ戻る   ホームページへ戻る