2005年3月27〜31日中国北京・大連訪問

8度目となる私の中国訪問。今回は8年ぶりの北京、4年ぶりの大連訪問となった。
近いのに近寄りがたい国のイメージがどうしてもつきまとう。
政治体制の違い、かっての日本の植民地であった中国。
結構反日感情悪いのでは・・。そんなことはない・・。
13億人の人口。世界の人の4人に1人は中国人、仲良くしないてはない。
世界の経済人や大企業も中国に目を、顔を、足を向けている・・。

限りなく発展する中国・・限りなく世界に影響を及ぼす中国。

北 京 観 光

ホームページへ    日々雑感へ

ふれあい宮崎中国
北京・大連の旅

2005年3月27日
〜3月31日
団長の挨拶と北京晩餐会  所狭しと並ぶ中国料理の数々 まずは腹ごしらえから
世界最大の城壁・月からみえる唯一の建造物。世界遺産万里の長城
明の十三陵  地下深く歴代皇帝が眠る陵墓群。権力とは何か・・。今の世紀にも通づる権力の威力・・。
みやげ物屋さんで見た遺跡らしきもの? 天壇公園 1420年に建設された中国最大の壇廟
明や清の皇帝が豊作(五穀豊穣)を祈った場所とされる。 車と自転車(車窓より)
北京電子台(テレビ局)。238m展望台よりの北京夜景(節電の為暗い)編成室前にて 林立するビル群(車窓より)
故宮博物館(紫禁城)明の時代(1406〜1420年)にかけ造営。1987年世界遺産として指定

ホームページへ    日々雑感へ