2004年11月20日(日)

仕事が忙しく10月より11月と変更になった今回の旅。先日まで天気も不安定だったが今日からは良い天気が続くと予報が出ている。私の行いが良いのか、偶然なのか・・。旅の行く先々に災いなどありませんように 神様、仏様・・・ヨロシク

都城を朝一番5時半出発。熊本港到着8時10分九州商船フェリーにて雲仙へ。
カモメのお迎えを受け雲仙へ・・上陸。雲仙普賢岳を見て日本最古のロープウエー
で妙見岳頂上へ一気に上がる。あいにく頂上は雲が霞んでいた。

午後長崎市内へ到着。早速浦上天主堂、グラバー邸、オランダ坂、出島商館跡と
見学する。鎖国時代唯一世界に開かれていた長崎。歴史の重みを感じる。

目次へ戻る    ホームページへ戻る

写真をクリックすると大きい写真に移動します。

熊本港より雲仙へ:カモメがお迎えです。 大きな火の神が 雲仙到着
仁田峠展望台普賢岳をバックに 雲仙岳ロープウエイ頂上:普賢岳模型
妙見岳   長崎大浦天主堂   ヨハネパウロU世 隠れキリシタン資料館
 グラバー邸外観     商船資料展示室   長崎港を望む      蛇踊り展示品
日本の近代化に貢献したトーマス・グラバー氏。緑や花に囲まれた園内長崎港が素晴らしい
オランダ坂 長崎中華街 出島和蘭商館跡
出島和蘭商館跡: 出島模型  ミニ出島模様  商館

出島200年もの間オランダ人が住んだこの地。日本の近代化に相当の影響を与えた。

目次へ戻る    ホームページへ戻る