2002年12月19日
絵画;デッサン

朝から雨のうっとうしい日、木(もく)の会本年最後の教室がデッサンとあって場所を変えて都城市中央公民館で開催された。木炭で描くという始めての経験にうっとうしい天気とは裏腹にうきうきであった。年はとっても初めての体験とはやはり緊張と期待とがある。ギリシャの有名な人の(名前は忘れました)石膏製の胸像です。約1時間半で一気に描き上げました。初めてにしては本人評まあまあだと思っております。この先、どこまで腕が伸びてゆくのか,止まるか下がるか?乞うご期待であります。焦らずじっくりと勉強してゆきます、楽しんでゆきます。私の場合趣味だからどうってことないのです。
うっとうっと惜しい

絵画目次へ戻る  日記へ戻る   ホームページへ戻る

絵画目次へ戻る  日記へ戻る   ホームページへ戻る